実績紹介

大光寺橋

だいこうじはし No.2016034

  • current
  • current
  • current

大光寺橋は、昭和36年の架設から半世紀以上が経過し、老朽化が著しい上、近年には橋脚洗掘により河川増水時に通行止めとなるなど円滑な交通に支障をきたしていました。このため、新橋梁を含む960m区間の整備が行われ、橋梁区間には鋼製の景観配慮型防護柵が採用されました。

  • 施 主

    栃木県 県土整備部 栃木土木事務所

  • 設計・コンサルタント

    (株)富貴沢建設コンサルタンツ

  • 施工年月

    2016/01

  • 施工場所

    栃木県栃木市大光寺町

納入製品

  • 製品種類

    タイプ

    材質

    表面処理

    備考

  • 橋梁用防護柵(景観配慮型)

    レイリスト/高欄兼用車両防護柵 B種 NB-42STK10K

    鋼製

    溶融亜鉛めっき+ポリエステル樹脂系粉体塗装

  • 橋梁用防護柵(景観配慮型)

    レイリスト/高欄兼用車両防護柵 B種 NB-12STK10 

    鋼製

    溶融亜鉛めっき+ポリエステル樹脂系粉体塗装