住軽日軽エンジニアリング ホーム会社概要製品紹介実績紹介ニュースリリースカタログ請求お問合せサイトマップ
製品紹介 実績紹介 技術情報 よみもの・企画 関連リンク カタログ請求 お問合せフォーム

道路・橋梁TOP>│車両用防護柵>アルミ製鋼製・鋳鉄製│高欄>アルミ製鋼製・鋳鉄製高速道路用防護柵
景観に配慮した防護柵>アスレールキャプロアモデストレイリスト
機能付高欄>落下物防止柵/目隠し・裾隠し/照明内蔵高欄
│防音壁・遮音壁・透光板>アルウォール/サイレンスキーパー/アクリル板遮音壁/透光板│桁カバー・桁下カバー・側面カバー│
アルミ床版アルミ歩道橋防護柵の補修・改修(PDFファイル818k)│橋梁保守点検│
 
 アルウォール(統一型防音壁) アルウォール
アルウォール

・施工事例 /東京都 東京外環自動車

優れた遮音効果
パネル各部材の接合部は、機密性を保つ構造となっていますので、優れた遮音効果が期待できます。

十分な耐候性
パネルの外板は、アルミ板と亜鉛鉄板を使用しています。吸音材のガラスウールは特殊フィルムで保護していますので充分な耐候性を発揮します。

騒音に効果的な吸音タイプ
騒音吸収孔と吸音材使用により、自動車騒音、その他騒音に対しての防音壁として最高の性能を発揮します。

環境にマッチしたデザイン
高架裏面吸音板は、シンプルなルーバー形状を有するため美しい陰影のコントラストを持ち、圧迫感を与えません。

高い安全性
風圧荷重に充分耐えるよう設計されています。また各部材は、不燃材を使用しています。

施工が簡単
支柱(H型鋼)に人力、またはクレーンにてパネルを挿入し、バネ式固定金具で取付けるため、施工が簡単です。

環境を損なわないデザイン
防音壁の表面は、シンプルなルーバー型状を有するため、美しい陰影のコントラストを持つ壁面となり、圧迫感を与えません。


 
●標準仕様
■寸法及び重量
・パネルの耐風圧強度は300kg/u以上
型  式
概略寸法(m/m)
重  量
長さ(W)
高さ(H)
厚さ(T)
kg/枚
kg/u
2005
1,960
500
95
26.2
26.2
4005
3,960
500
95
50.9
25.4
■材料仕様
名     称
材     質
正  面  板
   アルミニウム t=1.0mm
   JIS H4000 A5052P-H34
背  面  板
   亜鉛鉄板 t=1.6mm
   JIS G3302 SGH400
側  面  板
   亜鉛鉄板 t=1.6mm
   JIS G3302 SGH400
吸  音  材
   グラスウール t=50mm
   密度 32kg/m3 JIS A6306
吸音材  
保護フィルム
  PVF(ポリフッ化ビニルフィルム)
   t=21μ 全面被覆
ブラインドリベット
   アルミニウム合金 3.2φ
シ ー ル 材
   クロロプレンゴム 5倍発泡厚
   t=2mm 巾=30mm
 
●構 造
鰹Z軽日軽のアルミ防音壁アルウォールは、騒音公害を緩和する吸音・遮音両面の性能を発揮します。表面側にはアルミ吸音板を設け、内部には吸音材を使用しています。表面の吸音孔を通った音は、吸音板で吸音され、さらに吸音層を通過した音は背面の遮音板で遮音され、騒音をシャットアウトする構造になっています。

●音響性能
■透過損失 ・測定:財団法人小林理学研究所
材料・壁体への入射音をどの程度遮断できるか、その性能を表す単位です。
■吸音率 ・測定:財団法人小林理学研究所
自動車・鉄道等の交通騒音で、特に問題となる周波数は250Hz〜1,000Hzの低周波帯です。

◎技術情報

◎このページの製品に関するお問合せ先

製品のカタログ請求

 
道路・橋梁建築関連駅前広場港湾・水辺空間配水池・上下水道施設
仮設資材維持管理・保守点検補強・補修・拡幅アルミ加工製品
▲ ページの先頭へ
ホーム会社概要製品紹介技術情報 | 実績紹介ニュースリリースカタログ請求お問合せ | 個人情報についてサイトマップ
Copyright(C) Sumikei-Nikkei Engineering Co.,Ltd. All rights reserved.